未経験者のIT業界への転職

一昔前の時代と比べ、今はパソコンを触ったことがない人がいないと言えるほど、ITの普及はとどまることを知りません。そのため、あらゆる業種の中にパソコンを使えるという人は優遇されています。
では、その専門職と言えるシステムエンジニアは限られた人しかできない業種なのでしょうか。

その答えはNoです。
システムエンジニアといっても様々な業種に分類することができます。
システム開発の営業を行う営業職、顧客要件の聞き取りから設計、保守に至るまでを担当するフロントエンドSE、主にシステム開発を行うバックエンドSEなどがあります。
その他にも、ネットワーク専門に扱うネットワークエンジニアやサーバの設置、ネットワークまわりまで、幅広く作業を行うカスタマーエンジニアがありますが、今回はシステムエンジニアのみにスコープしたいと思います。

パソコンを触ったことがあるが、プログラムを作ったことがなく、システム開発未経験の人がなるシステムエンジニアは、フロントエンドSE、もしくは営業が多いです。
IT業界で最も人出が不足している分野だと言えます。
また、システム未経験者が最も転職しやすい業種だと言えます。
しかし、フロントエンドSEはシステム開発に特化していないので、この仕事をやっていてシステム開発ができるようになるかと言えばNoになります。

では、バックエンドSEと呼ばれるシステム開発者は、未経験者では転職できないかというとそうではありません。しかしほとんどの企業で年齢制限があります。30代前半であれば、未経験者でも歓迎している会社が数多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です