未経験の職業に転職は有利か

転職で有利になるひとは、まず同業種で長年培ったスキルや人脈があり、即戦力が期待できる人が歓迎されます。会社の採用担当者が採用するのもそのような方が多く、未経験者は厳しい状況です。

それでは、未経験者は異業種や職種などには行くことはできないのかといえば、決してそうではありません。ただ、採用されにくいのです。

それに、仕事内容は初心者からになるので、ゼロからスタートとなりますし、前職で働いていた給料より低くなることも考えられます。まして、年齢が上がるにつれて転職の道を選ぶのは生活リスクが高いと思います。

それでも、未経験の転職を選びたいという場合は、希望会社先の十分な下調べや、自分は本当にこれでよいのか、将来にわたってこの仕事を続けられることができるのかなど、チェックして納得をしてから動くべきです。

しかし上記のように自ら転職に動くのではなく、会社などからリストラされたり、事情があって会社を辞めざるをえない場合があります。

それに同業種を探したいがまったく会社が見つからないといった場合、未経験で転職も視野にいれなければならないこともあるでしょう。

その場合、転職がしやすい業種があります。例えば「介護職」、「トラックの運転手」、「販売職」などの専門職が薄い職種です。

逆に「事務職」「IT関連」などは高い専門職を求めているので、未経験からいきなり入ろうとするには少し無理があります。

未経験の仕事をする場合は、十分なリサーチをもって準備するに越したことはありません。リサーチには、未経験からスタートするためのシステムエンジニア入門情報がオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です